機能リンク

最高視聴率25.3%を記録し、韓国中でクルミ(雲)シンドロームを巻き起こしたパク・ボゴム主演のシンデレラ・ラブコメディ『雲が描いた月明り』が、ホームドラマチャンネルで2021年2月9日(火)より一挙放送スタート! | ホームドラマチャンネル

視聴案内

雲が描いた月明り INTRODUCTION|ホームドラマチャンネル

『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』で注目を浴びたパク・ボゴムが、本作で“2016年はパク・ボゴムの年”と言われるほどの大ブレイクを果たした。また『太陽を抱く月』のキム・ユジョンや元B1A4のジニョンなど実力派の若手やベテラン俳優が集結!演出を『太陽の末裔』のペク・サンフン監督が手掛けた。 2016年KBS演技大賞では、最優秀賞を含む、最多8冠の栄光を獲得!『トキメキ☆成均館スキャンダル』『コーヒープリンス1号店』に続く、新たな“男装女子”ジャンルの金字塔を打ち立てた。

幼い頃から男装して生きてきたラオン(キム・ユジョン)は、恋愛相談の専門家。ある日、「自分の代わりに恋する女性に会ってほしい」という男性の依頼をしぶしぶ引き受けるが、その相手とは一国の姫であるミョンウン公主だった。ミョンウン公主の兄で皇太子のイ・ヨン(パク・ボゴム)は妹に恋文を送る男の正体を突き止めるため、ラオンの前に姿を現す。驚いたラオンはヨンを落とし穴に置き去りにして逃げ出すが、借金のカタに内官として宮殿に売られ、ヨンと再会してしまう。やがて皇太子に仕えることになったラオンは、ヨンの正体を知ることに。ヨンはラオンが女性であることを知らないまま、友情を超えた絆を感じるようになっていく。一方、朝廷の権力者キム・ホンの孫であるキム・ユンソン(ジニョン/元B1A4)はラオンが女性であることを即座に見抜き、彼女に惹かれていく。幼なじみでもあるヨンとユンソンは、ラオンをめぐって三角関係に陥るが…!?

雲が描いた月明り CAST|ホームドラマチャンネル 雲が描いた月明り STAFF|ホームドラマチャンネル
番組表

コチラも要チェック!放送決定!!韓流作品新着情報

  • その男の記憶法(原題)
  • ここに来て抱きしめて
  • カネの花〜愛を閉ざした男〜

視聴案内

2020韓流最新ラインナップ