松本清張「蒼い描点」(1983年)

お気に入り登録

作品詳細

松本清張原作のサスペンス。
吉行和子はミステリアスな女流推理作家を演じる!

信州上諏訪の山中で女性の白骨死体が発見されたことに端を発して、ゴーストライターがいると噂される女流作家の周辺で起きる連続殺人事件を、出版社の新米記者とその先輩のフリールポライターが追う。典子は就職難のため、父・良介が編集長をしている雑誌の編集部に潜り込む。ある日、良介の命令で女流作家・村田の原稿を受け取りに箱根まで出向いた典子は、思わぬ殺人事件に遭遇してしまう・・・。

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

チャンネルキャラクター

SNS

8