機能リンク

●ドラマ『幸せが聴こえる』に出演を決めた一番のきっかけは何でしょうか?
出演を決めた一番の理由は、僕がこれまで一度も演じたことのない難しい人物だったからです。これまでたくさんの作品に出演していますが、障害を持ち心にも傷をおった難しい役は、初めてだったので、大きなチャンレンジでした。

●今回演じたファン・ジャンチェンとご自身との共通点や共感できる部分はありますか?
似ているところはあると思います。ファン・ジャンチェンは仕事をする時、冷静で、鋭くて、勘がよいエリート。しかし、恋人を亡くして傷つき、ネガティブで暗い闇を抱えた男性です。僕はポジティブで常に明るい性格なので、ネガティブな部分は似ていません。ただ、冷静な部分は似ていると思います。そして、今回のこの役を演じ、男の優しさをたくさん学び、女性と付き合う秘訣みたいなものを勉強できたと思います(笑)

●共演者キミ・レンさんの印象や撮影中のエピソードを教えてください。
キミは役の中へ入り込むタイプの女優だと思います。撮影現場では更にドラマを面白くするための演技方法などを二人でよく相談していました。息を合わすためには、演技の時だけではなく、その前の
段階でのコミュニケーションもとても大切です。キミが役に感情移入を
するためのアドバイスを求められたり・・・。僕はそんな真剣な彼女に
とても共感しました。今回が初共演だったのですが、
最後には古くからの友達の様な感覚になりました。
僕は彼女と共演できて、本当にうれしいです。

●物語の中で2人の女性が現れますが、ご自身では、
どちらの方に魅力を感じますか?

僕はユーシーを選ぶと思います。彼女のような、いつも他人のことを考えて、計算がなく、自分の夢の為に全力を尽くす女性と出会えたら、男性はとっても幸せだと思います。

●一番印象的なシーンがあったら教えてください。
ユーシーと船に乗ったシーンです。あの船は、ドラマの中ではジャンチェンの私物ですが、「幸福丸」という世界的も有名な船です。
彼はCEOなので、流星を見たいというユーシーの夢を叶えるため、
二人でこの船に乗り込みます。しかし、アクシデントで
ジャンチェンが海に飛び込まなくてはならなくなります。
視覚に障害があり全く見えないのに、海に落ちたヒロインを
助けなければなりません。きっと、ヒロインのことをとても
愛しているのだろうと思いました。自分の命を顧みず、
彼女を必死に助ける姿。この素敵なシーンが
今でも一番忘れられないですね。

●日本のファンにメッセージをお願いします。
いよいよ「幸せが聴こえる」が日本で放送されます。
一話も見逃さないように、ぜひ全話お楽しみください!


「幸せが聴こえる 原題:聴見幸福 (全33話)」
★放送日:7/14(火) スタート!
毎週(火)深1:15〜2:15 他

「台湾ドラマ特集」特設ページ