機能リンク


2.5次元を中心に活躍する人気俳優が勢ぞろいした「テレビ演劇 サクセス荘」。撮影が始まったら最後までカットがかからない、NGなし、アドリブあり。まさに“Show must go on”の精神で舞台さながらの緊張感漂うドラマに仕上がっている作品。物語の舞台となるのは都会の片隅にたたずむアパート、サクセス荘。そこには成功を夢見る若者たちが住んでいる。このサクセス荘で予測不能な展開が巻き起こる今までにないドラマが「テレビ演劇 サクセス荘」だ。そこで、この物語内でみんなを回す役割を担ったゴーちゃん役の和田雅成にインタビュー。すると以外な事実がてんこ盛り!

リハーサルは一度だけ、そして本番一発勝負という「テレビ演劇 サクセス荘」。実際、現場でもそうだったんですか?
「ホントにリハーサル一回の本番一発勝負で、演じるのは計2回だけでした。もうなんだろうコレ?ってことしか考えられないぐらい大変でしたね(笑)」

出演されている方たちは和田さんも含め、みなさん舞台を中心に活躍されている俳優ばかり。それでも大変だったということですね。
「そうなんです。みなさん舞台と一緒って思われるかもしれないんですけど、舞台はセリフを覚えて、稽古をして本番。でも、このドラマはセリフを覚えてリハーサルをして、すぐ本番なんです。だから稽古もしないし、いいシーンもカメラの角度を変えて撮ったりもしないって攻めた企画。マジでびびりましたよ(笑)。最初は本番一発勝負って言っても、どうせリハーサルを何回かするんでしょって思っていたんです。そしたらリハも一回しかしないし、ちゃんと一発勝負で。リハーサルもスタッフさんがカメラワークの確認をして、僕らは全員がそろって初めてのセリフ合わせを一回するだけっていう。もうリハはあってもないような感じだったんですよね(笑)」

和田さんが演じるのは芸人になるという夢を持つゴーちゃん。サクセス荘の102号室に住む住人ですね。
「ありがたいことに僕が演じるゴーちゃんは第1回から第12回まで全部出ているんです。多いときで何本撮りだったけかな? そうだ3本だ。3本撮りの日もあったんですけど、その3本撮りを2回経験しているんですよ(笑)。あれは絶対、やっちゃいかん! 声を大にして言います(笑)。ゴーちゃんは割りとみんなを回す役割なので、会話の量も多くて。だからたくさんセリフもあるんです。文句じゃないですよ、ありがたいって感謝しているんです(笑)。でもドラマ1本分で台本が20ページぐらいあるので、3本撮りだと約60ページ分の台本。それを全部覚えて稽古もせず、いったらギリギリの状態で芝居をしていましたからね」

中でも難しいなと思った回はありますか?
「タイムマシンが出てくる回(第11回)。これは難しかったですね。タイムスリップして、何回か過去に戻るんですけど、僕は最初から出ているので、4回ぐらいかな? 同じ芝居をずっとしなきゃいけないっていう。時間が戻ったとき、あれ? 自分はどうすればいいんだっけ? っていうことがありましたから(笑)。でも、終わった後の満足感が一番大きかった回でもありました」

最後にご覧になる方たちにメッセージをお願いします。
「この『サクセス荘』はすごく攻めた企画で、スタッフさんの愛と、役者さんの作品に対する愛があふれたドラマになっています。そしてこの『サクセス荘』の魅力はやっぱり本番一発勝負。どこがセリフでどこがアドリブなのか!?
そこを楽しみながら見ていただくと、より一層面白さが際立つと思います。
あと僕の演じるゴーちゃんが、みんなのとんでもない球をキャッチしているところも
ぜひご覧になってください!」


《放送作品情報》
「テレビ演劇 サクセス荘」(全12話)
“リハは1度だけ”“本番一発勝負”の【テレビ演劇】
テレビ東京での初回放送時、大きな話題になった
NGなし、アドリブありの挑戦的演劇ドラマ。

★放送日:2/10(月)スタート!毎週(月)深2:00〜2:30 他
    ※2/17(月)は放送休止
☆再放送:2/17(月)より 毎週(月)後6:00〜6:30
    ※2/24(月)は放送休止

スタイリスト:石橋修一 ヘアメイク:国府田雅子
カメラマン:松井伴実 テキスト:今 泉