機能リンク

●旬の舞台俳優たちが、自由気ままな旅を展開する「俺旅。」。最初に企画を聞いた時の感想は?
中河内、植木、大山くんと4人で香港に行くと聞いた時は、とんでもないメンバーが集まったなと思いました(笑)。普通におとなしくご飯も食べられないような落ち着かない面々だったので、いったいどんな旅になるのか? 予測不可能で心配でしたが・・・・。ピラニアの様な魚料理を食べたり、カンフーに挑戦したり、床がガラス張りのゴンドラに乗ったり…とにかくワイワイと賑やかで楽しかったです。

● カンフーでは、ワイヤーアクションにも初挑戦しました。
念願が叶って嬉しかったです。実は僕、高いところが大好きなんです。舞台でも、高いところに行くとワクワクするくらい(笑)。ギネスに登録されているバンジージャンプをやるためにマカオまで行っちゃうぐらい好きなんです。香港で下が丸見えのゴンドラに乗った時も全然平気でした。でも、他のみんなは“怖い〜”とかワチャワチャやってましたね。大の大人が…恥ずかしい!(笑) でも、ずっとやりたかったことを、お仕事で実現して頂くのは本当にありがたいです。カンフーもワイヤーも希望を聞いて下さった、スタッフさんには本当に感謝しています。

●4人の時はボケとツッコミを担当。大山さんと2人になると、ボケキャラが光る良知さん。素の姿が印象的でした。
中河内といる時はボケ、植木は年上なのに甘えてくるのでツッコまないといけないんですよ。まぁ〜そうしながら僕も、ものすごく楽しんでいるんですけどね(笑)。後半戦は大山くんと2人で旅をしますが、実は彼と僕、卒業した中学が一緒で、偶然なんですけど、大山くんと僕の父親が仲良しだったんです(笑)。大山くんは年下なのに頼りになるし、兄貴みたいに思える瞬間もあってとても居心地がいいので、休憩時間は一緒にお酒を飲みながら、2.5次元の舞台について話し合ったり、役者としてこうありたいみたいな真面目な話もしました。男同士の旅は、カッコつけなくていいからいいですよね。『自由にやっていいよ』と言われていたので、台本も9割方変えちゃっていますし、素の僕らを見て頂けると思います

●今回の旅を通して、新たな発見はありましたか?
香港では、今日本のアニメがものすごく流行ってるんですよ。ショーや舞台の文化がまだ根付いていないので、2.5次元の舞台を香港でやって“日本に逆輸入できないかな?”とかいろいろ考えちゃいました(笑)。最近は、マカオやロサンゼルスでも2.5次元の舞台を上演していて、世界中が2.5次元に注目しています。
そんな夢も、いつか実現できたらいいですね。

●良知さんにとって“旅の醍醐味”とは?
訪れる国によって民族や文化が違うので、価値観を大きく変えて
もらえるのが旅の最大の魅力。知らないことを学べるし、
またそこから、役者としての自分をリセットすることもできる。
特にこの『俺旅。』は、何でも自分たちで決めて自分たちで動くので、
電車やバスにも乗るし、現地の生活に溶け込むことができるのが
いいですよね。僕、海外を訪れたら、必ずその土地の景色を、
くるくる回って360度見るようにしているんですよ。
何より“肉眼で記憶することが大事かな?”と。
横に360度回って、上下も180度見渡して、空や地面まで
しっかりと見つめます。冬のニューヨークなんか、
マンホールから湯気が沸き出ていたりして、
なかなかいいですよ。
“あーっ、これ映画で見たやつだ!”って、
1人で興奮しています(笑)

●最後に、番組の見どころを聞かせて下さい。
役者やアーティストとしての顔とは全然違う普段の僕らを見て、
ぜひ楽しんで頂きたいと思います。知らない街に出ると、自然と
人間性が浮き彫りになるので、そのあたりにも注目して欲しいですね。
次回またチャンスを頂けたら、オフブロードウェイに行きたいかな。
ブロードウェイとは違うオフブロードウェイの影の部分が
感じられる旅をしてみたいなと思います。


【放送作品情報】
俺旅。シーズン2」(全10回)[CS初放送][HD]

若手俳優2組が世界を旅するドキュメンタリーシリーズ第2弾!
村井良大×佐藤貴史のインドネシア編と
中河内雅貴×植木豪×良知真次×大山真志の4人組の香港編が登場!
★放送日:11/25(金)スタート!毎週(金)深1:45〜2:15 他

良知真次
1983年3月16日生まれ
1998年〜2001年までジャニーズ事務所に所属。
2004年からは劇団四季に入り本格的にミュージカルを学ぶ。
そして現在は東宝芸能に所属し「幕末Rock」などの2.5次元系ミュージカル、
その他ミュージカルや映画等で活躍中!