日本名作怪談劇場 怪談 奥州安達ヶ原

お気に入り登録

作品詳細

古典怪談を中心とした怨念や情念渦巻く、名作怪奇譚をドラマ化した「日本名作怪談劇場」シリーズ第12話!
嬲り殺しにされた母娘が鬼女として復讐する恐怖の怪談物語。

応仁の大乱を逃れ、奥州に急ぐ友音としおりの母娘は暴れ馬に踏みにじられそうになったところを不二木右京に助けられた。その後、2人はあるあばら家に身を寄せるようになるが、しおりの持つ砂金に目がくらんだ家来の七兵衛が友音を犯し金を奪おうとする。危ういところで、しおりの薙刀が娘を救ったが、七兵衛は負傷し恨み声を残して逃げ去っていた。一年後、右京と偶然の再会を果たした友音は互いに惹かれ合う仲になっていた。しかし、右京が居ぬ間に、今は盗賊の頭目となっている七兵衛によってしおりと友音がなぶり殺されてしまう・・・。(単発)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

同ジャンルのおすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

チャンネルキャラクター

SNS

6