暗行御史<アメンオサ>~朝鮮秘密捜査団~(日本語字幕版)

お気に入り登録

お知らせ・NEWS

作品詳細

INFINITEのエルこと、キム・ミョンス主演のコミカルミステリー時代劇!

民衆の無念を晴らすために、不正腐敗に立ち向かっていく朝鮮時代の王室の秘密捜査官“暗行御史”と御史団の痛快な活躍を描く。キム・ミョンスが昼間は官僚、夜は遊び人という二重生活を送りながら、突然“暗行御史”に任命されてしまう主人公ソン・イギョムを好演。妓生に扮した茶母(タモ)のホン・ダインを『梨泰院クラス』のクォン・ナラが、イギョムの小間使いのパク・チュンサムを『ウラチャチャ My Love』のイ・イギョンが演じる。

不正を追求していた暗行御史であるパク・チョルギュ(キム・スンス)が、突然失踪してしまったことにより、朝廷では新たな暗行御史の人選に動き始めていた。そんな中、弘文館の役人のイギョム(キム・ミョンス)はトラブルを起こしてしまい、義禁府に捕まってしまう。そんなイギョムに対し、都承旨のテスン(アン・ネサン)は暗行御史になって罪を償うように命じる。イギョムは仕方なく命令に従い、暗行御史となるのだが…。(全16話)

CAST

  • ソン・イギョム役
    キム・ミョンス

    日々遊んでぐうたら暮らす役人。都承旨に命じられ仕方なく暗行御史となる。初恋相手スネに関する悲しい過去がある。

    【代表作】「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」「ただひとつの愛」

  • ホン・ダイン役
    クォン・ナラ

    イギョムの助手として情報を集める茶母。聡明で勝ち気。暗行御史団として動くのにはある目的も・・・?

    【代表作】「あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜」「梨泰院クラス」

  • パク・チュンサム役
    イ・イギョン

    イギョムの小間使い。イギョムが大好き。喧嘩ばかりのイギョムとダインにいつも挟まれる。

    【代表作】「赤い月青い太陽」「ウラチャチャ!?~男女6人恋のバトル~」

  • ソン・イボム役
    イ・テファン

    イギョムの弟。兄を慕っていたが、ある日イギョムの恋人スネとともに姿を消す。現在は義賊のリーダー。

    【代表作】「W-君と僕の世界-」「キム秘書はいったい、なぜ?」

  • カン・スネ役
    チョ・スミン

    芸妓の娘でイギョムのかつての恋人。ある日突然イボムとともに姿を消す。

    【代表作】「ペントハウス」

人物相関図

お知らせ

キム・ミョンス(エル(INFINITE))出演『ずる賢いバツイチの恋』7月放送スタート!

動画

フォトギャラリー

放送スケジュール (全16話)

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

INTERVIEW

『暗行御史<アメンオサ>~朝鮮秘密捜査団~』キム・ミョンス(エル)さんQ&A

 

●作品紹介をお願いします。

「『暗行御史<アメンオサ>~朝鮮秘密捜査団~』は、ギャンブルが好きなソン・イギョムという人物が暗行御史になるよう命じられ、御史団とともに旅に出るというストーリーです」

 

●見どころを教えてください。

「見どころは、御史団の関係性やソン・イギョムの隠されたストーリー、彼の成長する姿です。また、回を追うごとにエピソードが面白さを増します。さらに、御史団の成長した姿や事件を解決する痛快さや爽快さといったカタルシスを感じられる部分がたくさんあるので、そういった点を重点的にご覧いただくと、とても楽しめると思います」

 

●今回の役柄に準備したことはありましたか。

「時代劇なので、基本的な発声や声のトーンの調節を練習しました。序盤では、浮ついた行動や話し方、軽そうな口調を意識しました。後半にいくにつれて、成熟した姿をお見せするために、発声の仕方を変えました。また、露出のシーンのために運動も頑張りましたし、アクションシーンのためにアクションスクールに通って様々な技も練習しました。ソン・イギョムは、色々な技を駆使するんです。そういった部分もこのドラマの見どころではないかと思います」

 

●イ・イギョンさん、クォン・ナラさんとの相性はどうでしたか。

「クォン・ナラさんと僕は誕生日が一緒で、歌手活動をしていた点も同じです。彼女とは共通点が多かったです。とても気楽にお互いに何でも話せました。また、イ・イギョンさんは現場のムードメーカーでした。ムードメーカーはその場のメンバーによって変わることもありますが、彼と一緒にいるととても楽しかったです。気を遣わずに演技もできましたし、現場でたくさんアドリブをする姿を見ました。2人と共演することでよい関係性を築けましたし、とても楽しい現場でした」

 

●印象に残ったシーン、台詞は。

「記憶に残っているシーンは、第5話で最初の事件を解決し、罪人を罰するシーンがありますが、イギョムがかっこよく、善を勧め、悪を懲らしめるシーンなので演じて楽しかったです。暗行御史が現れる時に音楽が流れ、その場が一気に盛り上がるシーンは毎回テンションが上がりました。記憶に残っている台詞は、弱者の立場に立ち、悪い人たちに話す時の台詞がありますが、考えさせられるところがあって、教訓があり、すべて良かったと思います」

 

●日本の視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

「こんにちは。エルです。
『暗行御史<アメンオサ>~朝鮮秘密捜査団~』はとても面白くて見応えのあるドラマです。1回目の視聴と2回目の視聴はまた違う部分が見えてきたりしますので、ぜひ楽しんでいただきたいです。登場人物の隠れたストーリーや御史団の相性の良さ、成長する姿も描かれていますので、そういう部分に注目して見ていただければドラマをより楽しむことができると思います。ぜひご覧ください。ありがとうございます」

 

 

キャンペーン・PR Campaign & PR

チャンネルキャラクター

SNS

4