機能リンク

ホームドラマチャンネルにて『前世の敵〜愛して許して〜』が、9月より放送開始されます。 今作が、日本で放送されることをどう思われますか?
「韓国だけでなく日本でも放送されるということで、すごく嬉しく思いますし、とても励みになりますね。 ドラマをご覧になりながら“愛”について改めて考え、“愛の偉大な力”を感じながら、 癒やしの時間を過ごしていただけると嬉しいです。」

『前世の敵〜愛して許して〜』はどんなドラマですか?
「本当に嫌いな人に対して使う“ウォンス(怨讐)”という言葉があるのですが、 (今作の韓国版ドラマタイトルにある)“ウェンス(敵)”という言葉は一般的にはあまり使わない 言葉なんですよ。(※ウェンス=主に全羅道地方で使われる。“敵のように面倒な存在”という意味。) 『前世の敵〜愛して許して〜』は、ドラマタイトルとは異なり、本当の意味での“敵”が出てくるわけではないんです。 一番身近な存在であり、一番愛すべき家族たちの“愛の苦悩”が描かれたドラマですね。」

クウォンさんが演じるミン・ジソクはどんな人物ですか?
「ミン・ジソクは、社会的に成功している、有能なスター離婚専門弁護士ですね。 そのため“愛”や“結婚”に対して疑問を抱いてる人物なのですが、 チェ・ゴヤという女性との出会いにより、変化していくんです。 愛に対して、あれほど冷めていたにも関わらず、“愛”によって多くのことを経験し、 さまざまなことを克服していくキャラクターですね。」

マンチンナム(マンガから飛び出したようなイケメン)のような完璧なビジュアルを持つ スター弁護士、ミン・ジソク役を作り上げるため、気をつかった部分はありますか?
「正直にお話ししますと…(笑)痩せなきゃと思って、一生懸命ダイエットをしたんですよ。 キャラクター紹介にも“マンチンナム”と書いてあったため、カッコいいスター弁護士の姿を披露しなければ!と思い、頑張ったのですが…。 僕の努力とは裏腹に…痩せたからといって、反応がいいわけではなかったですね(笑) 僕がやったことが、正解だったのかは分かりませんが、役作りのためにそういった努力をしました!」

撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?
「夏の暑い時期が終わる頃に撮影が始まったので、撮影期間はとても寒かったんです。 でも、出演者もスタッフさんも、一緒にドラマを作り上げていこうという情熱を持って撮影していたので、いつも活気溢れる撮影現場でしたね。」

撮影中の記憶に残るエピソードがあったら教えてください。
「撮影中、面白い出来事がたくさんあったので、撮影が終わった今でも、 たまに思い出し笑いをしてしまう事があります。 イルイルドラマ(月〜金曜、毎日放送されるドラマ)は、台本も撮影シーンも多く、 外での撮影時間に余裕がないんですね。 全員が過密なスケジュールの中、駆けずり回っているため、台本を集中して読む時間を得るためには、着替えやヘアメイクを直す時間を節約するしかないんです。 だから、僕がどのようにして時間を節約したかというと…“外で着替える”ことです。 車に着替えに戻る時間すらもったいなくて、スタイリストさんに手伝ってもらいながら、 寒空の下、通行人がいてもズボンを脱いで、スパッツ一枚の状態になって…。 その出来事がすごく記憶に残ってますね。 道端で着替えるなんて、めったに経験できることではないですからね(笑)」

ミン・ジソクが理想のタイプを話すシーンがありましたが、クウォンさんご自身の理想のタイプは?
「僕も、そのセリフは記憶に残ってます…(笑) でも僕は、相手のスペックなどはあまり気にしないですね。 むしろ、“相手のためにスペックを高めたい”“人としてもっと成長したい”と思えるような 刺激を与えてくれる方が理想のタイプです。 もちろん、見た目も大事だとは思いますが、それよりも僕の向上心を刺激してくれる方がいいですね。」

『前世の敵〜愛して許して〜』は、多くの視聴者に愛されましたが、プライベートでその人気を実感する出来事はありましたか?
「僕はあまり出歩くタイプではなく、行く場所も限られているので、 そういった出来事(人気を実感する出来事)は、ないかもと思っていたのですが、 ドラマ放送後、家の近所にある行きつけのスーパーやコンビニの店員さんたちが 気付いてくださるようになったんですよ。 ですので、スーパーに行くと今作が愛されてたんだなぁと感じますね(笑)」

『前世の敵〜愛して許して〜』ですが、クウォンさんにとってどんな作品になりましたか?
「久しぶりの復帰作だったので、とても緊張しましたし、 主演ということもあり、今まで以上の大きな責任感を持って臨んだ作品です。 長期間の撮影で、共演者の皆さんと息を合わせる時間も長かったため、 僕にとってすごく大変だったことは確かですが、 今作を通していろいろなことを感じ、学ぶことができたので、今作にはすごく感謝しています。」

今作を楽しみにしている日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします。
「『前世の敵〜愛して許して〜』を楽しみにしてくださっている日本のファンの皆さん! 出演者、スタッフ一同、素敵なドラマを作り上げるため、たくさん努力をしました。 今作をご覧になりながら、“愛の偉大さ”を感じていただけるのではないかなと期待しています。 ぜひご覧ください!ありがとうございました!」


【放送作品情報】
「前世の敵〜愛して許して〜」 (全123話)
衝撃展開の連続で病みつき必至!男女のまっすぐな愛と人間の欲望、
家族間の争いを描く全123話の長編ドラマ!


★放送日:9月17日(月)スタート!
 毎週(月)〜(金)後11:30〜深0:15 他
☆再放送:9月18日(火)より
 毎週(月)〜(金)前7:15〜8:00
 9月22日(土)より 毎週(土)後10:00〜深1:45(5話連続)

《クウォン プロフィール》
‘88年2月5日生まれ。
’12年「清潭洞<チョンダムドン>アリス」で俳優デビュー。
以降「剣と花」(’13)、「恋愛の発見」(’14)などに出演。
‘14年12月に入隊。本作が除隊後初の作品に。